砂川リチャードの守備や三軍成績が凄い!絶好調で開幕一軍へ!

野球
スポンサーリンク

ソフトバンクは3月16日(月)、育成選手であった砂川リチャード選手を支配下登録することを発表しました。

昨年はプレーの場が主に三軍でありましたが、今年に入ると1軍のキャンプに帯同しオープン戦でアピールを続けていました。ソフトバンクの今シーズンの注目の選手です。

そんな砂川リチャード選手の守備と打撃成績に加え、周辺情報をまとめました。

砂川リチャード選手のwiki的プロフィール

名前:砂川 リチャード オブライエン
出身地:沖縄県
生年月日:1999年6月18日(20歳)
身長:189cm
体重112kg
利き手:右投げ右打ち
守備位置:内野手

リチャード選手は元アメリカ海兵という父と日本人の母をもつハーフです。なんと兄であるジョーイ・オブライエンさんもプロ野球選手であり、現在マイナーリーグのシアトルマリナーズの傘下でプレーしています。

高校は沖縄尚学高校出身で、高校時代は通算25本塁打を放っています。その長打力を評価され、2017年ソフトバンクホークスが育成ドラフト会議に3位で指名しプロ入りを果たしました。

当時の背番号は127年俸は推定で360万とされています。

さて、プロ入り後の成績を確認していきましょう。

砂川リチャード選手の三軍成績と2020オープン戦の成績


プロ入り後の2年間の成績と今年のオープン戦の成績はこちらです。

リーグ試合打率安打二塁打三塁打本塁打打点
2018三軍56.1591020112
2019三軍94.272882311154
2020オープン戦12.27263024

昨シーズン、3軍の主軸打者として頭角をあらわすも2軍では8試合に出場し、打率.077、0本塁打とプロのレベルに適応するのに苦戦していました。

しかし、今年に入り1軍の選手が多く出場するオープン戦では12試合に出場し打率.272、2本塁打と確実な成長を見せました。

またオープン戦前のチーム内紅白戦やJR四国との練習試合でも本塁打を放つなど、今春は計4本の本塁打を放っていることになります。

選手間の競争が激しいソフトバンクですが、開幕一軍のメンバーに名を連ねる可能性も十分に考えられます。

砂川リチャード選手の守備はどうなの?

リチャード選手は内野手登録ですが、昨年は主にDHでの出場がほとんどでした。

しかし

今年のオープン戦では、ファーストやサードで出場し軽快な守備を見せるなど確実に成長しています。

ソフトバンクの野手事情をみるとDH枠にはデスパイネやバレンティンといった実績十分の外国人がいます。そのため、リチャード選手は打撃だけではなく守備でも安定感を見せて頭一歩抜け出す必要がありますね。

1軍でスタメンを勝ち取るには、守備はもう少しといったところでしょうか。

支配下登録された砂川リチャード選手の背番号や年俸は?

16日の記者会見で発表された背番号は52で、かつて川崎宗則選手がつけていた背番号になりました。また、年俸は推定で600万とされています。

またリチャード選手は、川崎選手が着けていたこの番号についてこう述べています。

リチャードは「ムネリン魂」を胸に世界一の打者を目指す。ペイペイドームでの記者会見。新しい背番号52のユニホームを目の前にしてうれしそうに意気込みと、先輩との縁を語った。

「52番は元々川崎さんがつけていた背番号。ムネさんは台湾ウインターリーグの時に差し入れでチキンをもらったりしていた。『リチャード専用』というチキンもあったので、おもしろい人だなと思っていた」

昨秋に参加した台湾でのアジア・ウインターリーグには、台湾・味全で選手兼コーチだった元ソフトバンクの川崎宗則氏も出場。リチャードが所属した「NPBレッド」を率いたソフトバンク藤本3軍監督の紹介で話す機会をもらった。「あいさつをしたら『よろしく、よろしく、よろしく』という感じでめちゃおもしろいと思った。3分くらい話しました」。明るい人柄に触れ、尊敬の念を抱いた。「自分もそういう愛されるような人になれたらいいなと」。目標に掲げた。

ソフトバンク育成の星リチャード「ムネリン魂」誓う(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースより

愛される選手になるとのことで、サードを守ってパンチ力もあるムードメーカーと言えば、まさにポスト松田選手ですね。

今後の活躍が楽しみな選手です。

砂川リチャードの守備や三軍成績が凄い!絶好調で開幕一軍へ!|まとめ

・兄がマイナーリーグの選手で高校時代は通算25本塁打
・昨シーズンは三軍も今年の春は4本塁打と活躍
・守備もオープン戦で確実な成長を見せる
・背番号は52でポスト松田として期待

ソフトバンクは過去に育成から千賀選手や周東選手を育てあげるなど、育成力に定評があります。

今回のリチャード選手もこれからどれだけ大きな選手になるのか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました