2時間ごとに記憶障害の少女ライリーホーナーの現在その後は?日曜THEリアル!・Dr.ミステリーの事件簿5月17日

話題のニュース
スポンサーリンク

アメリカのイリノイ州に住む、ライリーホーナーさん。彼女はある事故をきっかけに2時間ごとに記憶を失ってしまい、事故の日に記憶が戻ってしまう記憶障害を抱えていました。

彼女は5つの病院を受診するも「脳震盪を起こしており、数日で良くなる」と言われ、治すきっかけをつかむことはありませんでした。しかしある日、彼女の噂を聞いた医者が「治療可能である」と申し出ます。

結果として、その医者が彼女の記憶障害を部分的に治療することに成功します。

今回は、ライリーホーナーさんの記憶障害の経緯・治療の結果と現在・その後についてまとめました。

ライリーホーナーさんの経緯・治療の結果


当時16歳のライリーさんは、2019年6月11日に開催されたイリノイ州FFAコンベンションに参加していました。

ライリーさんは、当時チームでダンスを披露しました。その時、事故は起きました。

ダンスの過程でライリーさんは頭を蹴られてしまいます。母親・サラさんはライリーさんを病院に連れていきましたが、「特に問題ない」とのことでした。

しかし、帰りの車の後部座席で彼女は突然発作を起こします。その時から彼女は2時間ごとに記憶がリセットされてしまう障害に陥ってしまったのです。

ライリーさんは毎朝、怪我をした6月11日の記憶と共に目を覚ますことになります。

それからサラさんとライリーさんは5か所の病院を受診することになりますが、診療結果はみな「脳震盪であり、数日で良くなる」とのことでした。

もちろん、ライリーさんの症状が改善することはありませんでした。

しかし、彼女の噂を耳にしたユタ州プロボにある脳震とう後治療センターCognitive FXの医師が「彼女の症状を治療出来る」と申し出たのです。

その医師の名前は、マーク・アレン氏。

ライリーさんとサラさんは飛行機に乗り、ユタ州に向かいました。Cognitive FXでの診療の結果「典型的な脳震盪である」と言い渡されると同時に「治療法」を与えられました。

アレン氏は「ライリーさんが発作を起こすとき、海馬への血流が大幅に減少している」ことを示し、理学療法と精神療法の組み合わせた治療法で、適切に修正できるとした。

2週間ほどのリハビリを受けることになり、彼女は1周目で少しの記憶を保持することに成功、2週目にはほとんど全ての記憶を保持することが出来るようになりました。

結果として、ライリーさんは事故の前のようにとはいきませんが、正常な記憶と共に生きることが少しずつ出来るようになったのです。

ライリーホーナーさんの現在

もともとライリーさんは、医療関係の職に就きたいと考えていました。

そして今、ライリーさんはマーク・アレン氏と同じ、神経科学者になる夢を持つようになりました。

その結果Cognitive FXの人々が彼女を助けたいという思いから、既に彼女に仕事を提供しているとのことです。

ライリーさんの現在の様子は、こちらのfacebookのアカウントから確認することが出来ます。

Help Riley Remember
Help Riley Remember - 「いいね!」4,342件 · 154人が話題にしています - Riley is a 16 year old from Illinois who was hit in the head during an FFA event and now has no short term ...

2時間ごとに記憶障害を起こす少女ライリーホーナーさんの現在やその後|まとめ

・ライリーさんはダンス披露中に頭部を損傷。2時間後ごとに記憶がリセットされてしまうように。
・ユタ州の医師、マーク・アレン氏により部分的な治療に成功
・闘病しながら、マーク・アレン氏の勤める病院にて働いている

コメント

タイトルとURLをコピーしました