ナチョス西村のプロフィール・経歴は?【誇張モノマネまとめ】

話題のニュース
スポンサーリンク

今、TikTokやInstagramで野球モノマネが面白いと話題になっている芸人のコンビ・ナチョス。の西村さん。

オリックスの山岡泰輔選手や西武の山川穂高選手のストーリーでも拡散されるなど、そのモノマネがプロ野球界にも浸透しているもようです。

今回は、そんなお笑いコンビ・ナチョス。や西村さんのプロフィールと誇張モノマネをまとめてみました。

ナチョス。の詳細と西村さんのwiki的プロフィール・経歴

コンビ名:ナチョス。
結成年:2019年4月1日(芸歴2年目)
TikTok:@ncs_channel

●杉浦亮太(すぎうら りょうた)
生年月日 1997年02月01日
出身 神奈川県

Twitter:@pHIkVlSsqYo2ACp

●西村学望(にしむら まなみ)※今回紹介する方
生年月日 1996年05月22日
出身 東京都

Twitter:@NCS_nishimura55

ナチョス。は芸歴2年目のお笑いコンビです。M-1グランプリへの出場経験もある若手です。2人は玉川大学の野球部の同級生であり、コンビを組みました。

今回は西村さんについて詳しく掘り下げていきます。西村さんの経歴は以下の通りです。

 小学校から野球を始め、中学は清宮幸太郎(日本ハム)を輩出した調布シニア。高校は憧れだった沖縄・興南高で甲子園を目指した。聖地を踏むことはできなかったが、不完全燃焼のまま野球を終えられないと、玉川大学に進み、4年間、硬式野球と向き合った。そんな男が今度は芸の道で日本一を目指そうとしている。

巨人坂本勇、燕山田哲…大学まで硬式野球一筋の芸人が挑戦する本気のモノマネ芸 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―より

なんと野球歴が少なくとも10年以上という生粋の野球っ子でした。モノマネや野球部あるあるといったネタのクオリティが以上に高いのにも納得がいきます。

高校は興南高校ということで、何人ものプロ野球選手を輩出している名門中の名門校です。

東京出身の西村さんですが、野球の為に沖縄に進学したということでしょうか。根っからの野球プレイヤーであることが伺えます。

また、西村さんは自身が創設した草野球チームで活動しています。

狛江市を中心に活動している様子です。芸人活動をしながら草野球も続けているとのことで、歴も長いので野球の腕もすごいのかもしれませんね。

ナチョス。西村さんの野球あるある、誇張モノマネ集


まず話題となっている誇張モノマネをいくつか紹介させていただきます。

まずはこちらの、元巨人監督の高橋由伸選手のモノマネ。プロ野球ファンは共感性が高すぎておもわず笑ってしまいますよね。

次にこちらのヤクルトの青木宣親選手のモノマネ。沈み込むような打撃フォームの青木選手ですが、西村さんの誇張モノマネの手にかかると座ってしまいます(笑)

共感性の高さと激しい誇張のギャップがツボです。


こちらは、メジャー最高クラスの遊撃手、アンドレルトン・シモンズの強肩を誇張したモノマネです。

なんともはや投げていません(笑)、誇張の度合いが本当に面白いです。

次に、共感性の高い野球部あるある集です。

中学、高校で野球部に所属したことがある人ならば、絶対1度は経験したことあるのではないかという共感性の高すぎるあるあるをたくさん投稿されています。

個人的には、ミーティングの発言のタイミングを間違って変な空気になってしまうのは、激しく共感してしまいます。分かりみが深すぎます。

最後のピッチングマシンのネタは、もはやあるあるではなくないないな気がしてしまいますが、どこか馴染みのある感じがして笑えてきてしまいます。

以上、ナチョス。西村さんの野球ネタ集でした。

ナチョス。西村さんの野球モノマネに対しての世間の反応まとめ

ナチョス。西村さんのモノマネに対し、世間の反応は以下です。

まとめ

・ナチョス。は結成2年目の大学の野球部の同級生同士のコンビ
・西村さんは、野球歴10年以上の野球っ子
・プロ野球選手の誇張モノマネや野球部あるあるで話題に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました