日向坂1周年配信で影山優佳復帰の伏線か?4匹の馬やサブタイトルが怪しすぎる【ひな誕祭】

坂道グループ
スポンサーリンク

3月31日、日向坂46がデビュー1周年を記念してdTVチャンネルでスペシャルトーク&ライブを生配信しました。「#ひな誕祭」が一時、世界のトレンド1位に入るなど日向坂の勢いを象徴する配信になりました。

VTRやライブには謎の馬が現れ、何かの伏線の香りがプンプンしています。Twitterでは、馬の正体は活動休止中の影山優佳ではないかとの声が多数あがりました。

今回は、影山優佳の復帰を匂わせる数々の伏線や日向坂46デビュー1周年記念配信のライブのセトリやトレンド入りなどについてまとめています。

「#ひな誕祭」が世界のトレンド1位に!日向坂1周年特番の再配信が決定

今回の1周年記念配信を「#ひな誕祭」と称し公式がツイートしました。

すると配信が始まるにつれて、みるみるとトレンド上位に昇り最終的に一時、世界のトレンド1位にランクインを果たすなど大きな話題になりました。

今回は、dTVチャンネルのアプリをインストールすれば会員登録をせずとも誰でも見れる配信であったため、アクセスが集中し配信が不安定になるなどのトラブルがありました。

それを受けdTVは再配信があることをツイートで予告しています。

日向坂46の勢いを象徴する結果となりました。

日向坂46・1周年記念配信スペシャルライブのセトリ


今回、無観客で行われたライブのセトリはこちらです。

0.overture
1.ドレミソラシド
2.君のために何ができるだろう
3.ナゼー
4.好きということは…
5.窓を開けなくても

MC
6.キュン
7.キツネ
8.ソンナコトナイヨ
MC
9.青春の馬
MC
10.約束の卵
*最新シングル収録曲は赤文字で表記

今回のライブは、5月から始めるアリーナツアーの予告編として行われました。そのため、最新シングルの6曲を中心に披露しました。

表題曲の「ソンナコトナイヨ」以外は、ライブ初披露となりました。

影山優佳復帰の匂わせ?4匹の馬やサブタイトルが怪しい


無観客ライブとして行われましたが、観客席には謎の馬が1匹ペンライトを振ってライブに参加。カメラにも、度々抜かれるなど怪しい香りがプンプンとしています。

Twitterでは馬の正体は、影山優佳ではないかとの憶測が飛び交いました。

影山優佳復帰の伏線①:ペンライトとスカーフが影山優佳カラーの赤

伏線の一つ目が、馬がサイリウムの色を影山優佳のサイリウムカラーである赤、そして赤のスカーフを身に着けていたためです。

また、馬はなんと楽曲に合わせてメンバーばりにダンスをするなどただ者ではないことが分かります(笑)

影山優佳復帰の伏線②:4匹の馬やアリーナツアーのサブタイトルが怪しい


ライブ後に、アリーナツアーのサブタイトルが発表され「~18人の音楽隊と風変わりな仲間たち~」であることが分かりました。

また、VTRでは、メインとなった1匹の馬が他の3匹を追いかける描写がありました。

日向坂のメンバーが音楽隊と称されています。すると

・風変わりな仲間たち = 4匹の馬
・4匹の馬 = 影山優佳と新3期生の3人

と考えることが出来ます。

そこで、有名なグリブ童話「ブレーメンの音楽隊」のストーリーが思い出されます。簡単にまとめると4匹の動物がブレーメンの音楽隊に入ることを目指すストーリーです。

日向坂46に新3期生と休業中の影山優佳が合流するストーリーであるとするならば、影山優佳の復帰も納得がいきますね。

影山優佳復帰の伏線③:アリーナツアーの初日と影山優佳の誕生日が一致


アリーナツアーの日程は以下の通りです。(広島、福岡、大阪公演は中止が発表され、振替公演が行われることが発表されています)

《群馬》Gメッセ群馬
2020年5月8日(金)・9日(土)

《神奈川》ぴあアリーナMM
2020年5月12日(火)・13日(水) ・14日(木)

そして影山優佳の誕生日ですが2001年の5月8日なんですよね。

日向坂46 公式サイトより引用

群馬公演の初日と影山優佳の誕生日が一致していることが分かります。

そのため、影山優佳が群馬公演の初日に復帰するサプライズが用意されていることも不思議ではありません。

日向坂1周年配信で影山優佳復帰の伏線か?4匹の馬やサブタイトルが怪しすぎる【ひな誕祭】|まとめ

・「#ひな誕祭」が一時世界のトレンド1位に
・最新シングル「ソンナコトナイヨ」の曲を中心に披露
・馬のサイリウムカラーやアリーナツアーのサブタイトル、日程が怪しい

筆者も、日向坂のライブの世界観がかなり好きで今回の公演も楽しみにしています。影ちゃんの復帰も予測され、さらに期待感が高まってきましたが、コロナウイルスの感染状況を鑑みると5月の公演も厳しいのではないかと思います。

おひさまの皆さん、今は我慢の時なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました